ベータコンピューティングの活動や技術、開発のこだわりなどを紹介するブログです。



M5StackとTWELITEを使って郵便ポストをIoT化してみた

弊社は古い建物なので不便なことがいくつかあります。
その中でも、ポストが外にあるため、何か届いてもすぐに気づかないという問題がありました。

f:id:betacomputing3:20190610191201j:plain

そこで今回、ポストをIoT化して何か届いたときにPCやスマホに通知がくるようにしました。

 

方法について

ポストIoT化に向けて方法をいくつか考えました。
ポストに何か届いたときの検知方法が難しいところです。

①ポスト底に設置した重さセンサでモノを検知
②ポスト天井に取り付けた光センサでモノを検知
③ポスト天井に取り付けたカメラでモノを検知
④ポスト差入口に取り付けた傾きセンサーで開閉を検知
⑤ポスト差入口に取り付けた磁気センサーで開閉を検知
などなど

検知率、電池持ち、手軽さを考慮して、
⑤ポスト差入口に取り付けた磁気センサーで開閉を検知
の方法でポストIoTを実現することにしました。

 

用意するもの

今回はM5StackとTWELITE、磁気センサーを使って実現します。

詳細は下記リンクを参照ください。

www.switch-science.com

mono-wireless.com

 

下記6点用意したものです。

①M5STACK-GRAY

f:id:betacomputing3:20190610192218j:plain

②トワイライトワイヤレスモジュール TWE-Lite-Red-Dip ワイヤアンテナ

f:id:betacomputing3:20190610191754j:plain

③トワイライトワイヤレスモジュール TWE-Lite-RED-DIP UFLコネクタ (半完成品セミキット)

f:id:betacomputing3:20190610191927j:plain

④トワイライト平面アンテナ TWE-AN-P4208-100

f:id:betacomputing3:20190610192001j:plain

⑤LED付きケース入りリードスイッチ(磁石付セット)MCD-14AG

f:id:betacomputing3:20190610191833j:plain

⑥電池ボックス

f:id:betacomputing3:20190610192048j:plain

 

構成

f:id:betacomputing3:20190610194238p:plain

磁気センサーで開閉の検知を、TWELITEを通して、M5Stack側に送ります。
M5StackからはIFTTT経由で、Slackに通知します。

雨や雪、湿気に耐えられるように、防湿防錆絶縁剤のスプレーを基盤に吹きかけておきました。効果の程はわかりませんが。。。

そして、取り付けた写真がこちら。
差入口に磁気センサーを取り付け、TWELITEと電池ボックスは邪魔にならないよう天井に貼り付けておきました。 

f:id:betacomputing3:20190610194445j:plain

外から見ると取り付けていることは分かりません。郵便局員さんも普通に使えます。

f:id:betacomputing3:20190610194541j:plain

M5Stack側は玄関に設置しました。

f:id:betacomputing3:20190610194634j:plain
ポストの中から電波が届くか不安だったので、TWELITEに平面アンテナを取り付けたのですが、もしかすると無くても大丈夫だったかもしれません。
画面は真っ暗にしていますが、ちゃんと動作しています。

 

使ってみた

f:id:betacomputing3:20190610194843p:plain

ポストに何か届くと、Slackで通知が来るようになりました。
PCでもスマホでも確認することができます。

仕事部屋にいたまま、何か届いたことにすぐ気づいて取りに行くことが出来ます。
重要な資料や急ぎの書類も見逃すことがなくなりました。

休みの日や外出中でもポストの通知に気づくことができて大変便利です。
設置してから3ヶ月以上経ちますが、省電力なので電池もまだまだもっているようです。

問題点は、ポストから取り出すときも反応してしまい通知が来てしまうという点。
誰かが取り出したかどうかのチェックもできるということで、こちらはご愛嬌。

 

マイクロソフトのde:code 2019にて「競技かるた ONLINE」が紹介されました!

2019年5月29日(水) - 30日(木)、ザ・プリンスパークタワー東京にて、Microsoft de:code 2019が開催されました。

開発者をはじめとする、IT に携わるすべてのエンジニアの皆様を対象にした、日本マイクロソフト社最大規模のテクニカルカンファレンスです。

なんと今回、Azure PlayFabを使った開発事例として弊社開発のスマホアプリ「競技かるた ONLINE」をご紹介いただけることになりました!

マイクロソフトさん本当にありがとうございます!

f:id:betacomputing3:20190606162444j:plain

de:codeは2日間に渡って開催されたのですが、2日目の「個人開発者からトリプル A まで! PlayFab でコネクテッド ゲームを作ろうというセッションにて「競技かるた ONLINE」をご紹介いただきました。

f:id:betacomputing3:20190606162722j:plain

Azure PlayFabは、クラウド接続ゲームのバックエンドプラットフォームで、ログインや課金回り、更新やイベントのリアルタイム分析をサポートしています。

PlayFabを活用したゲームアプリが日本ではまだ事例が少なかったため、今回はPlayFab活用事例として「競技かるた ONLINE」をde:codeで取り上げていただくことになりました。

「競技かるた ONLINE」では PlayFab でユーザーの管理をしています。

ゲーム内のユーザーのアカウント管理を始め、勝率やレート、札の取得率、ランキング、ポイント、課金等の管理を行っており、

CloudScriptによって、1日1回の無償プレイや、ポイント消費、レート算出をサーバー側で行っています。

PlayFabのおかげで、サーバー、データベースの構築の負担が減り、保守、運用、分析が容易にできています。

セッションでは、PlayFabを使ったLiveOpsについて説明を聞くことができたので、大変参考になりました。

 

ちなみに、リアルタイムオンライン対戦は、Photon Cloud を利用して実装しています。

Photonによって、「競技かるた ONLINE」では世界中のユーザーが、iOS/Android/windows(今後リリース予定)などプラットフォーム問わず、リアルタイムで対戦することが可能です。

Photonを活用することで、リアルタイム、マルチプレイ、マッチメイキング、クロスプラットフォーム等、容易に実現できました。

 

PlayFabを使ってみての感想

競技かるたONLINEでPlayFabを採用した理由は、
・ドキュメントが見やすい
・Photonとの親和性が高い
・インディーズプランが用意されている
点です。

英語のドキュメントしかありませんが、APIリファレンスを見れば大体わかる内容になっていて、ユーザ登録から、データのやり取りまでスムーズに実装できました。
Webドキュメントからサンプルリクエストをすぐに実行できるのも助かりました。
CloudScriptを使えば、ランクマッチの不正対策や、プレイヤー同士のレートの算出などの複雑な処理でも、サーバー内で処理できるのは便利でした。
また、ネットワーク対戦はPhotonを使っていますが、PlayfabとPhotonは連携可能で、Photonのイベント情報をCloudScript側で受け取ることもできます。

料金はインディーズプランが用意されていて、小規模なプロジェクトであれば利用でき、月1万ほどで運用できているので非常に助かっています。

プレイヤーごとにイベント履歴が逐一保存され、不正なリクエストをしていないか確認できるので、わざわざログ解析を個別に実装しなくても運用できています。
また、課金のレシートの照合や、ランキング、共通のタイトルデータの管理など、ゲームを運用する上での機能が元々あるので、かなり実装コストを抑えられたと思います。

今後は、ランキングや、ログ機能が強化されていくようなので、対応が待ち遠しいです。

 

de:code2019に参加してみての感想

初めて、decodeに参加させていただき、色々なセッションを見てまわりましたが、若い方も多く熱気がすごかったです。参加者全員が積極的にセッションの参加や参加者同士のコミュニケーションを図っていたことが印象的でした。

f:id:betacomputing3:20190606173003j:plain

f:id:betacomputing3:20190606173210j:plain

参加してきたセッションは以下になりますが、一つ一つ紹介や感想を述べるととても長くなるので、ここでは割愛します。 

DAY1

 DT10「最高のげーむをつくろう! マイクロソフト Game Stacks でゲーム開発をしよう!増渕 大輔(日本マイクロソフト株式会社)

 CM02「HoloLens 2 アプリ開発中村 薫(株式会社ホロラボ)

 CM13「Google Home や Amazon Echo、LINE Clova の自作スキル開発! Azure Functions でクロス プラットフォーム開発入門 千代田 まどか(マイクロソフト コーポレーション)

DAY2

 CM03「Azure Spatial Anchors を使用した iOS ARKit アプリケーション開発入門」鈴木 敦史(日本マイクロソフト株式会社) 

 IT06「Azure IoT in Real World! - 活用事例とその裏側をとくと解説。」村林 智  (日本マイクロソフト株式会社)、遠山 修  (コニカミノルタ株式会社)、水田 篤彦  (ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

 DT01「ゲーム メーカー目線で Azure を活用した開発インフラのクラウド シフトとアプリ設計事例紹介」八重樫 剛史  (株式会社バンダイナムコスタジオ)、竹村 伸太郎  (株式会社バンダイナムコスタジオ)

 DP08「個人開発者からトリプル A まで! PlayFab でコネクテッド ゲームを作ろう増渕 大輔  (日本マイクロソフト株式会社)、今冨 洸平  (株式会社 room6)

 

f:id:betacomputing3:20190606174309j:plain 

展示ブースではHoloLensを使った技術やサービスを企業が紹介しており、HoloLensをまだ体験したことがなかったので、ラッキーだと思ってお邪魔してきました。

f:id:betacomputing3:20190606175252j:plain

HoloLensと言えば、基調講演に登壇したアレックス・キップマン氏のHoloLens 2のデモが素晴らしかったです。3D収録した自身のプレゼンを、音声を英語文字起こし翻訳、Text2Speechで読み上げ、音声を3Dボディに同期して、ご本人は一切日本語喋れないにもかかわらず、レンズ越しのキップマン氏は日本語でプレゼンをしていました。

 

f:id:betacomputing3:20190606174355j:plain

1日目のセッション後に参加者パーティーが開催されるのですが、抽選会がありまして、なんと360度カメラのTHETAを頂きました。

f:id:betacomputing3:20190606172631j:plain

個人的に欲しいものの1つだったので、とても嬉しいです。大事に使わせて貰います。

ぜひ来年も参加したいです。

 

「ゆーりんピック」の競技かるた大会に参加しました。

5月18日(土)、「ゆーりんピック」の競技かるた大会に参加しました。

f:id:betacomputing3:20190521145456p:plain

「ゆーりんピック」は、ゆーりんピック実行委員会による、高齢者の積極的な健康づくりと生きがいづくりの高揚を図ることを目的とした、地域や世代を超えて交流が深められるスポーツ・文化の交流大会です。
実際には、高齢者の方だけでなく、様々な種目で老若男女が参加している大会です。

f:id:betacomputing3:20190520184736p:plain

今回は競技かるたの大会に吉村が参加しました。
開会式では「競技かるた ONLINE」の宣伝をさせていただきました。

f:id:betacomputing3:20190520184719j:plain

試合は1,2回戦の後、上位8人によるトーナメントがありました。
吉村は上位8位に入ることができ、トーナメントに参加しました。

f:id:betacomputing3:20190520184831p:plain

その後、3回戦では負けてしまいましたが、初めての大会で上位に食い込めたのは、毎週のかるた教室と「競技かるた ONLINE」で特訓したおかげだと思っています。
次の大会では優勝を目指したいです!

「e-messe kanazawa 2019」に出展しました。

2019年5月16日(木)~18日(土)石川県産業展示館1号館にて開催された
「第34回いしかわ情報システムフェア e-messe kanazawa 2019」に出展しました。

弊社としては初めて大きな展示会に参加させていただきました。
「競技かるた ONLINE」をご紹介させていただいたのですが、出展にあたり、ポスターやチラシを用意しました。

f:id:betacomputing3:20190520182144j:plain

f:id:betacomputing3:20190520182154j:plain

初めてブースの設営もしまして、このような感じになりました。
現地で見るとポスターが小さい印象だったので、次回は大きなポスターを用意しようと思います。

f:id:betacomputing3:20190520180932j:plain

また、「競技かるた ONLINE」はiOS/Androidのスマートフォンやタブレットに対応していますが、Xperia Touchを用いた展示もしました。
Xperia Touchは投影したスクリーンをタッチできるプロジェクターです。Androidが搭載されています。

3日間ずっと自分たちのブースにいたので、他社様のブースを見て回る時間が少なかったのが残念です。
お越しいただいた皆様には、励ましのお言葉をいただきまして大変感謝しております。
弊社ブースにはなんと200人以上の方に訪問いただきました。

「競技かるた ONLINE」並びに、他業務においてもよりよい製品を開発できるように、精進してまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。

「競技かるた ONLINE」をご紹介いただきました。

「競技かるた ONLINE」は、弊社開発メンバーが石川県かるた協会の理事が主催するかるた教室に通いながら、ルールや考え方を理解し、開発に着手いたしました。
そして、石川県かるた協会や福井県かるた協会、百人一首札製作元の大石天狗堂様、かるた教室に通う子ども達のご協力のもと完成に至りました。

この度、競技かるたの公式ルールを制定しております全日本かるた協会 様の公式サイトにて、「競技かるた ONLINE」を掲載いただきました。

「競技かるた ONLINE」配信開始のお知らせ

 

また、百人一首札製作元としてご協力いただきました大石天狗堂様の公式サイトでも、「競技かるた ONLINE」を掲載いただいております。

『ちはやふる』の様にかるたが取れる!かもしれないアプリ配信開始!


こちらは練習風景の写真です。
素振りの練習をしています。今後はかるた大会にも出場予定です。

f:id:betacomputing3:20190515153347p:plain

津幡町の封筒に広告が載ります

津幡町の封筒に広告を載せていただきました。
11月末頃、津幡町民が働く職場に給与支払報告書の封筒として届くと思います。

ちなみに、津幡町民が在籍する企業は約6000社以上あるそうです。
どなたかの目に止まって、お仕事に繋がることを祈っています。

デザインは自前で作ってみました。いかがでしょうか?

f:id:betacomputing3:20181024173102j:plain

第1回石川・金沢IoTビジネス共創ラボに行ってきました

2018年9月21日、弊社サイトのinformationでもお知らせしておりました、第1回石川・金沢IoTビジネス共創ラボに参加してまいりました。


石川・金沢IoTビジネス共創ラボには幹事企業として参加させていただいておりますので、当日は受付とカメラ係を担当しました。

不慣れで途中受付に行列ができたり手間取ったりしてご迷惑おかけしました。
しかし、受付に行列ができるほど盛況で、50人以上の方々にお越しいただきました。

f:id:betacomputing3:20180927141906j:plain

勉強会では各企業様から活動紹介がございました。貴重なお話を聞くことができ、大変勉強になりました。

弊社も会社紹介とこれまでのIoT事業の実績を簡単に紹介させていただきました。

 

勉強会後の懇親会もすごく活発で皆様と名刺交換させていただきました。
また、懇親会での始まりでは、弊社吉村が元お笑い芸人だということで急遽乾杯の音頭をすることになりました。

土日にひらかれる他のセミナー等では個人のスキルアップとして参加される方が多いですが、石川・金沢IoTビジネス共創ラボではやはり企業のビジネスとして参加される方が多かったように思います。

ソフトウェア開発会社だけでなく、製造業や運送業の方もおられて他業種の方と交流できる機会になりました。
地元の企業の皆様にとても関心を持たれていると感じることができ、今回初めて知り合う方もたくさんいらっしゃいましたので、幹事企業として参加できてよかったと思います。

平日のお忙しい中、お越しいただいた皆様大変ありがとうございました。
第2回以降もございますので、ぜひ皆様お越しください。